黄昏、開くぅ鍵を、探し、て、月の影。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
25
 
次回に続くと言わんばかりの、映画。

もともと、ゾンビを『倒す』事を前提としたゲームを映画にしただけあって、同じゾンビ系の映画に比べると逃げるのではなく倒すに重点が置かれていて、楽しいと思う。

ただ、ゲームを知っている分、映画はオリジナルだなぁというのが少し残念;w;
バイオハザード系列の、限られた空間で色んな場所に行き、脱出、というタイプの映画は難しいのかなぁ。

感想を。
1と2と3と。

日本の渋谷から。
しょっぱなに少し出ていたあの女優さんはいくらお金をもらったんだろう。
たったあれだけ、という印象が拭えない。

2でジルが出てきて、3でクレアが出てきて、4でウェスカーとクリスが出てくる。
役柄は、役割は違うけど、ゲームのキャラが出てくるとそれだけで、少し嬉しくなる単純脳。
レオンは何時出てくるんだろうか(ぉぃ

ストーリーはその後。
3の原因の発端をみせ、3の後から話がスタート。
復讐に走るアリスは、アンブレラの渋谷基地にいたウェスカーを倒し。
復讐したと(?)判断して、3でクレア達が向かったアルカディアに進路を取る。

アルカディアがあると放送されていた場所には、放置された飛行機以外何もなくて。
そこでクレアと再会するも、クレアは記憶を失っていて、何があったのか分からず。

二人で他の所に行こうと散策しているところ、ゾンビ達が集まっている場所を発見して、無理やり着陸。
高い塀に囲まれた刑務所。
生き残っている人間が数人。
そこでアルカディアが移動する船の事だと分かり、刑務所近くにきているアルカディアの姿を確認する。

しかし、数日前から。
毎日放送(クレア達もそれを聞いて、2作目でアルカディアに向かおうとした)していた「こちらアルカディア。感染はありません。食料と安全を保証します」というような放送が聞こえなくなる。

時を同じくして。
ついに、その刑務所にもゾンビがやって来て、1人、また1人と消えていく。

生き残っているメンバーは助かるために、アルカディアに向かって行く。
そこで倒したはずのウェスカーが生きていて、再び戦う。

ストーリーはそんな感じ。
3作目よりは好きです。
バイオの1作目は妥当、2作目はゲームの概念を持っていて好印象、3作目はなんだかターミネーターの4作目と重なる印象があり微妙だったけど。
どうせ続編がありそうなので期待しておこうと思う。
ただ、あまり時間かけちゃうと、ミラが歳とっちゃうし微妙だよ、と呟いておく。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tukigahara2035.blog69.fc2.com/tb.php/127-4ab7a36c

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。