黄昏、開くぅ鍵を、探し、て、月の影。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
28
 
を、毎日ちょっとづつやってます。

思い出を削る。
あの時。
残しておこうとおもったものを。
捨てる。

その判断をする時ということ。

せつない。
スポンサーサイト
 
25
 
http://www.biohazardcg.com/

↑が公式。
映画館で予告をみて、2週間限定公開と驚いた。
そして、ゲームのキャラであるクレアとレオンがでるらしく。
是非みなければ、と見に行った映画ですた。

ストーリーは、ゲームっぽいなぁと思う。
なんつか「いかなくていいじゃん」って思うんだけどでも「行かなきゃいけない」(ストーリー的に)という、ゲームのときのいやぁな空気とか、ゲームみたいな謎解き(移動したりするために)ってわけじゃなかったけど・・・、それっぽいナガレとか。

ゲームで時々はいる、ゾンビに襲われるときの動きというかムービーというか。
ゲームをしてるような感覚でみてました。
すごいいい映画ですか、といわれると、全く。
いってしまえば「ファン向け映画」の部類で、バイオのゲームしてない人とか、そのキャラが好きとかでないと、ファイナルファンタジーのCG映画みたいに「別にCGでなくても」と思うような、そういうレベル。

だけど、バイオファンの僕としては、良いと思う。
実写バイオは、別の話になってしまってるけど。
こっちのほうがゲームっぽくてその雰囲気があって、すきだな。


ただ・・・ゲームのポリゴンのクレアとレオンは、もっと・・・ポリゴンだったような。(マテ
時代ってすごいなぁと、カプコンの公式サイトの、キャラクター紹介の差をみて思う僕でした。
 
02
 
レッドクリフ。

三国志ファンなツレがみたいというので、みにいった。
み終わったあとのツレの一言

「まだ、戦ってないし」

個人的には真ん中の部分イランから、1回の作品にしてください。
前編と後編ってどういうこと。
と、おもった。
二つに分ける意味がワカンネー。

でも、まぁ、いい武将そろいだった。うん。
孔明が金城の時点でみにいきたかったのと。
某カードゲーム(?)の大戦のシュウユが、イラスト的に好きで、みにいったんだけど。
現実とおはそのようなものなり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。