黄昏、開くぅ鍵を、探し、て、月の影。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
28
 
電脳コイル1から26話まで。
1クールごとに話がすすむ、というカンジ。
前半と後半に大きく話が分かれる。前半は「学校」とか「子供」とか「世界観」を織り交ぜた、キャラクターとその人間関係、後半への伏線。

後半は一気に1つのことに対して話がすすむ。
構成はコーカクキドウタイSACと同じ雰囲気なんだけど、ちょっとあまかったかな。
でも、すこしだけ感動する部分もあり。
スポンサーサイト
 
19
 
ガングレイヴ、を久しぶりに見てみた。

もともと、同じ時間帯の前作品。
LAST EXILE
がすごく好きで、毎週みてて、だからそのまま続けて同じ時間でみてたアニメ。
大きくわけて、過去と現代。
1話が現代、2話からまったくかわって過去へ。
過去の「生活」と「組織」に関わる、組織で上っていくその過程。
それがゆっくりと、一歩づつ描かれる。

イツも一緒だった、ところから、少しづつはなれ、決別に。

そして過去が終わり現代へ。

現代の話は、過去の仲間が毎週1名づつでてきて・・・戦うってかんじなんですが。
最終話についに再度対峙する、主人公二人。


「組織」と「親友」

組織ではなく親友を選んだ。
信じていたかったから。



このアニメは、すごく好きだった。
2003年から4年の、もう5年も前のアニメだけど。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。