FC2ブログ

黄昏、開くぅ鍵を、探し、て、月の影。

Author:市原肇  ろくな人間じゃない。

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08
 
担当執事:乾氏
担当フットマン:古谷さん(フルヤ)
カップ:Noritake (ホワイトパレス)
紅茶:Amber (アンバー)
メニュー:Afternoon Tea Victoria(アフタヌーンティー ヴィクトリア)
      デザード選択:Bonne annee!(ボナネー!)


スポンサーサイト
 
13
 
去年のと、その前の年のと。
まだ残ってる。

今年も作るか、迷う。
 
13
 
タイ料理のお店。
新宿、歌舞伎町(でいいんだよね)のバンタイ。


何度かいってます。
友達につれて行ってもらってから、はまってます。

トムヤムクンか、グリーンカレー。
パッタイ。
生春巻き。
サラダ。
ガイヤーン。
が、いつも食べるメニューです。
サラダが炒め物に変わったり、サラダの種類を変えたりといろいろチャレンジしてます。

辛いのが、トムヤムかカレー、サラダ。
パッタイ、生春巻き、ガイヤーンは辛くないです。
辛いの食べてヒーヒー言いながら、辛くないのを食べる感じで。
 
02
 
好きだった同人作家さんが・・・といっても、追いかけてる間にどんどんうまくなって、プロデビューされてますが。
買ってたパロジャンルでの活動を終了された。
パロといっても、元のほうに決まったキャラクターが存在しないジャンルで「世界観の提供」までが元で、あとは半分以上、描く側のオリジナルなのですが。

8年近く、長く、お疲れ様でした。
ありがとうございます。
BLというよりも、ストーリーを描かれる方で、沢山、楽しい世界を見せてもらえました。

いつかこのジャンルでの活動が終わるんだろうなというのは理解できていたのですが、絵柄も好きで、だからきっと次のジャンルも追いかけるんだろうな、と思ていたのですが。

実際のところ、そこまでの情熱をもっての追いかける意志もなくて、本を買いたいと感じない。

パロは、まず、ジャンルがあって、それがスキでないと駄目なんだなぁ、としみじみ。

そんなこともあって、ちょっと気分が落ちてます。


うん。
まぁ。
そのジャンルはもともと好きだったけれど、あなたがいなければ同人で買う事はなかったと断言できる。
それくらい、好きな世界観とキャラクターでした。
ありがとうございました。
 
21
 
つけ麺の風雲児の先にあるお店です。


ランチのお値段、680~780円。
新宿の定食系ランチは居酒屋が500円~で提供していお店が多いので、ちょっと高い方になると思うけれど、量はしっかりあります。
ちゃんとしっかり食事ができるお店。
おかずの種類や全体的な量を考えると、納得できる金額。


メニューは日替わりの丼1つと、ほかに3種類の定食。
メインの料理を選ぶか、そこが丼になるかの違いがありますが、丼でも定食でも、ごはんとお味噌汁はおかわりOK。
小鉢が4つ。うち1つは漬物ですが、ほかは日によって違うのか週によって違うのか不明。
そして3切くらいのお刺身のお皿。
私が頼んだものがどちらも炒め物系の丼と定食だったので、味は濃いめでしたが、小鉢系は落ち着いた味です。



ラーメンで720円とか750円とか、うどんで850円とか出すことを考えれば……とかい言っちゃダメですよね。

とりあえず2回食べにいったので写真を載せておきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。